読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよの日和見ひとりごと

流産から気持ちが落ち着くまでよろしくお願いします

分娩に至るまで

数日間呆けた様に過ごしてしまいました。
心が逃げを打ったようです。

忘れない内に、記録の続きを書かなくては。

衝撃の「ラミ無いねぇ」事件から1時間半程で、主治医の診察となりました。
確か朝食後の8時半位だったでしょうか。
その頃には夜中の重い生理痛様の痛みも治まり、これから陣痛が激しくなる事や、遂にひよこちゃんと対面する事に緊張していました。
ただ、出血はまずまずの量が出ていたように思います。
生理2日目程の。

診察室に入り、主治医の先生に今の体調を伝えながら内診が始まりました。
そして診察の器具が入り、先生が状態を確認した途端、事態が急展開しました。

「ひよさん、赤ちゃんがもう出かかっているので、このまま此処で分娩になります」

診察室内が慌ただしくなり、助産師さんや看護師さんが3~4人部屋に入って来られました。
カチャカチャと色んな器具を触る音、体内を何かヌルリとしたものが動く感触、スタッフの方のやり取りの声。

事態に飲み込まれて為すがままに手を握り締めていた私に、一人の看護師さんがそっと手を添えて優しく声を掛けて下さいました。

「大丈夫だからね、赤ちゃん上手に出てきてくれてるからね」

それからものの2~3分でしょうか、ひよこちゃんがツルリと出てきてくれました。
続いて胎盤も摘出され、一呼吸。
そこでまさかの一言が。

「ラミナリア、残ってたんで出しますね」

あったんかい!

分娩よりもラミナリア除去の方が地味に痛かったです。
子宮内に入り込んでいたそうです。
そのお蔭でひよこちゃんが棒に引っ掛かって止まってくれていた様なのですが。

へその緒の処置も終わり、下の処置も終わり(その後少々トラブルがあるのですが、それはまたいずれ)、小さく切られたシーツに乗せられたひよこちゃん助産師さんが連れてきてくれました。

「赤ちゃんに会われますか?」

凄く凄く悩みました。
まさかこんなにすぐ対面する事になると思っておらず、心の準備が出来ていなかったのです。
余りに悩んでいる姿を見兼ねて、傍にいた看護師さんが優しく仰いました。

「無理しなくていいよ。もう少し落ち着いてからでもね」

何だかその言葉にすがるように、その場でひよこちゃんに会うのは止めにし、後から部屋に戻って会わせて貰う事にしました。
可愛い筈なのに踏ん切れなかった事でひよこちゃんに酷く申し訳ない気持ちが湧いてきて、自己嫌悪です。

子宮収縮剤と生理食塩水の点滴をぶら下げながら、車椅子を押してもらって部屋に戻りました。

分娩による出血も少なく、しばらくベッドで横になっていました。
後から考えると、夜中の重い生理痛様の腹痛は陣痛だったようです。

広告を非表示にする