ひよの日和見ひとりごと

流産から気持ちが落ち着くまでよろしくお願いします

どうして直ぐに会えなかったのか

漸くひよこちゃんが出てきてくれて本当なら直ぐにでも顔を見たくなる筈だったのですが、できませんでした。
担当の助産師さんも、当然私が見るものだと思って丁寧にひよこちゃんを寝かせて下さっているのが、スタッフ間の会話から分かりました。

何故出来なかったか。
簡単です。

顔を見る=ひよこちゃんの死を目の当たりにする

それが怖かったのです。
死を理解はしていたのですが、受け入れられていなかったのでしょうね。

広告を非表示にする